ウェブでも公開が可能なデータ

カタログやパンフレットなどの冊子を製作する場合、最初にデジタルデータを作成して行うのが一般的です。

従来は、手作業で版下を製作してから製版工程と言った流れになっていましたが、現在ではパソコンを使ってデジタルデータを作成し、そのうえでフィルム撮影を行ったり、直接フィルム出力を行うと言った製版工程で行われ、印刷に使う刷版を製作することが出来ます。

尚、デジタルデータと印刷物との違いと言うのは、利用目的に応じての違いも在ります。

デジタルデータを作成してフィルムや刷版などの製版工程としての役割とPDFに変換させることで、パソコン環境に依存することなくパンフレットやカタログのページを見ることが出来るため、配布する方法の一つとしてウェブでの公開が出来るなどのメリットが在りますし、CDなどのメディアに収録させることで、イベントの開催時などに顧客に配布が出来るなどのメリットも在ります。

尚、印刷物と言うのはパソコンが無い場合でも閲覧することが出来ますが、デジタルデータの場合は必要に応じて印刷が出来ると言った印刷物との違いが在ります。