チラシやパンフレットを作る時に知っておくと役立ちます

会社では商品やサービス紹介を目的としたチラシ広告やパンフレット、カタログと言った印刷物を製作して宣伝を行うと言ったマーケティングを行っていますが、制作においては制作会社に依頼をすれば印刷物までを完成させることが出来ます。

しかし、印刷用語などの知識を持っている事で、制作については自社内で行い、印刷用データの製作まで行えるようになると、宣伝費用を節約する事が出来ると言ったメリットに繋がる事も在ります。

例えば、アウトラインフォントも印刷用語の一つですが、印刷用データを作成する上で注意をしなければならない一つに文字化けが在ります。

文字化けはパソコンの環境が異なる事で起きる現象で、特殊なフォントを使っている場合、開いたパソコンにフォントがインストールされていないと文字化けと呼ばれる現象が起きる事になります。

この場合は、アウトラインフォントと呼ばれるアウトライン化を行う事で異なる環境のパソコンでも正しく文字を表示してくれると言ったメリットが在ります。

また、パンフレットやカタログなどを製作する時、表紙に工夫を取り入れたい場合の加工法にエンボス加工が在ります。

エンボス加工も印刷用語の一つでもあるのですが、エンボス加工がどのような方法で行われ、どのような効果が在るのかを知っておけば売れるパンフレットやカタログを作り出すことが出来ます。

トンボと言うのも印刷用語の一つですが、トンボは印刷データを作る上で重要なもので、刷り合わせを確認する時や製本工程での断裁時の目安になるマークです。