印刷デザインの注意点は何か

ビジネスにおいて印刷をすることはよくあることです。

会社のパンフレットを作成したり、資料を作成したりすることがあります。

用途や目的に応じてデザインも違ってくることから、いろいろと注意して作成することが大切です。

通常、専門業者に依頼して作成することになります。

そのため、注意点としては信頼できる業者を選ぶことです。

特に価格やデザイン性の確認が重要となってきます。

注文のやりとりの疎通がうまくいかないことによって、トラブルに発展してしまうことも少なくありません。

やりとりに問題が生じないようにするためにも、メールや書類など、形として残るような契約を行うことをお勧めします。

最近はメールでのやりとりとなることが一般的です。

メールは残すことができるため、やりとりのメールは商品が搬入されるまでしっかりと保存しておくことをお勧めします。

また、価格やデザインなどの提案内容も、しっかり明記しておくことが大事です。

電話でのやりとりでは、言った言わないといったトラブルが発生することがあります。

この点は注意が必要です。

デザインは自社で決めるのではなく、依頼先のデザイナーにお願いするということもあります。

この場合、要望をしっかり伝えることが大切です。

主旨に沿ったものが出されない場合には、納得がいくまで何度でも校正することをお勧めします。

このように妥協せずにやりとりをすることで、より良いものが出来上がることになります。

ウェブでも公開が可能なデータ

カタログやパンフレットなどの冊子を製作する場合、最初にデジタルデータを作成して行うのが一般的です。従来は、手作業で版下を製作してから製版工程と言った流れになっていまし... この続きを読む