印刷物のデザインとレイアウトテク

ビジネスにおける重要な印刷物といえば、名刺です。

白地に会社名、名前、連絡先のみというシンプルなものから、目立つ色で派手に彩ったハイセンスなものまで様々な見せ方ができます。

初対面の方に手渡しする、相手の手元に残る物なので、やはり印象が大切です。

シンプルに文字のみ、というデザインも誠実さが感じられて使い勝手が良く、使われている方も多いと思います。

しかし、近年では企業の増加や業種の進化に伴い、他企業との差別化が必要となっています。

今やテクノロジーの進化で名刺すらも電子化されつつありますが、それでもやはり、手に取って触れる紙媒体の印刷物は強く印象に残ります。

それらの印象を左右するのが、文字のデザインとレイアウトです。

文字の位置や色、サイズ、フォント、紙質など見せ方は様々です。

相手が名刺を「モノ」として気に入ってくれれば、高い宣伝効果を発揮してくれます。

そんな印象に残る魅力的なデザイン・レイアウトを作るためのコツとしてひとつ挙げたいのが、プロに依頼するという方法です。

コスト削減、人件費カットと切り詰められがちな部分ですが、大手企業を見てみると「人目に触れる部分だからこそ」力を入れているように感じます。

プリンタから出力する印刷物と、プロに依頼・印刷所で刷った物では、やはり出来上がりに差が見られます。

職種とのギャップを感じさせるような可愛い名刺も、キラキラと特殊紙を使った名刺も、今では話題に上がるデザインとして親しまれています。

手を抜きがちな部分だからこそ、改めて見直すことも重要な戦略です。

チラシのデザインと費用対効果について

チラシを製作する場合その多くが、人の注目を集めることを望まれています。例えば品物を販売するお店であれば、製作したチラシに興味を持って来店して来ることが要求されるからで... この続きを読む