仕上がりサイズよりも大きな紙を使う理由について

印刷を行う場合、1ページずつ刷り上げるのではなく、大きな紙に複数のページを片面もしくは両面で刷り上げるケースが多く在ります。

1枚ずつ刷り上げていく場合、100ページの冊子を10万部と言った場合、100ページ×10万部=10000回の印刷が必要になります。

しかし、1枚の用紙に4ページや8ページと言った形で刷り上げる事で印刷効率を高める事が出来ます。

印刷機には輪転機と呼ばれるものと、枚葉機の2つの種類に分けることが出来ますが、輪転機はロール状に巻かれた用紙を使う機械であり、新聞などを刷り上げる時などに利用されています。

一方、枚葉機はカットされた板紙を使う機械であり、板紙の場合も仕上がりサイズよりも大きな紙を使って刷り上げて行く事になります。

カラー印刷などの場合、最初に色校正と呼ばれる刷り試しを行い、色合いの品質などをチェックする事になりますが、刷り試しは1枚だけ出力をすれば用を足す事が出来ても、10万部のパンフレットやカタログを刷り上げる場合には1枚ずつ刷り上げているのでは手間も時間もかかる事になります。

そのため、印刷効率を考えて大きな用紙に複数のページを同時に刷り上げてから、製本工程の中で断裁や折りなどの工程を行い、最後に製本処理でもある綴じ工程を経て1冊のパンフレットやカタログが製作される事になります。

また、これはチラシ広告などの場合も同じで、1枚の用紙に同じドキュメントを複数印刷する事で印刷効率を高めることが出来ると言ったメリットが在ります。

A全判、菊全判、四六全判、ハトロン判について

印刷の用紙サイズと言うと、A4サイズやA3サイズをイメージする人も多いものですが、印刷を行う時には1ページずつ行うのではなく、大きな用紙に数ページをまとめて印刷を行い、断... この続きを読む